M&Aの仲介について|豆知識として覚えておこう

効率よくM&Aを行う

手

経営戦略としての買収

中小企業の間で事業の吸収合併、買収などは盛んに行われていますが、これらを行うメリットは人材を確保することにあります。経営戦略としては技能を持ち、今まで働いてきた人材をそのまま失業させてしまうことはデメリットでしかないのです。なので、今まで働いてきた人材を企業買収によって新しい経営者のもとで働かせることになります。そうしたM&Aによって、毎年多くの中小企業が倒産、廃業している中で人材を確保し続けているのです。企業買収のやり方としては、お互いが納得できる形に事業を引き継ぐように契約書を作成することになります。その際には、一対一で話し合いを行うと必ず話がこじれてしまうのです。なので、M&A専門のコンサルタントを招き、仲介をしてもらうようにしましょう。コンサルタントを通すことでお互い納得できる形の契約書作成ができるようになるのです。企業買収というと、大きな会社が小さな会社を吸収するだけの行為というイメージがありますが、正確には人材を確保と言えます。そうしたことをしっかり認識して、買収する会社とされる会社の双方が納得できるようにしなければなりません。人材や作業機械などの経営資源の浪費を防ぐことは自治体にとっても税収を確保するために重要なことです。法人同士の統廃合に関しては多くの支援を行っている自治体が多いので、上手く活用して着るようにしましょう。M&Aにおける企業買収は経営者同士だけの話ではなく、そこで働く人たちのための取引となっているのです。