M&Aの仲介について|豆知識として覚えておこう

会社の方針を決める

企業買収は新しい業務を始める時はもちろん、現在の業務を拡大する時にも役立つ企業戦略です。相手先の企業と条件をすり合わせながら、うまく買収を進めていく必要がありますので仲介などを頼んでスムーズに進めていきましょう。

会社売却をするには

女の人

業者への依頼

会社売却をするには、M&Aを仲介している業者に依頼するのが一般的な方法です。M&Aは日本語では企業買収を意味しており、購入したい企業と売却したい企業を結びつける業務と、また買収における合併による業務をトータルで行うものです。会社の合併においては、会社の資産と負債をすべて洗い出し、その価値を見積もる必要がありますし、また会社を譲渡するさいには登記変更など法的な手続きも必要になってきます。そのため、経理的な知識と法的な知識が必要になってきます。また公平な合併を達成するためにも外部からの仲介業者を入れる方が良いメリットがあります。M&Aを選択する理由としては事業承継がもっとも多く、また業績の不振やスケールメリットを得るために行うといったことがあります。事業承継でM&Aを行うメリットは、経営者が会社売却によって現金を手に入れることができるという点です。また後継者候補がいない場合には、適した後継者を探すことができますし、経営者個人の個人保証や担保を外すといったことが可能です。また経営者を退いてもその会社で働くといったことも可能です。一方でM&Aを仲介業者に依頼するには相応の費用が掛かりますが、会社の資産価値が十分にあれば仲介費用は会社を精算するよりも、結果的には得られる現金が大きいので精算するよりも有利です。またM&Aを行うことで従業員の雇用が守られ、また取引先との関係も継続されるため会社精算による外部への悪影響を無くすことができるメリットもあります。

女性

コスト削減も考えよう

企業を買収すれば、売上の増加を見込むことができますが、それだけでは企業買収のメリットを100%享受していません。売上を単純に伸ばすだけでなく、利益も伸ばせるようにコスト削減についても検討していきましょう。

手

効率よくM&Aを行う

中小企業が盛んに行う企業買収などのM&Aのメリットは、人材を失業させない点にあります。人材を消耗しないための経営戦略であり、M&A専門のコンサルタントに仲介させるやり方で円満な取引が行えるのです。上手く企業買収を行い、人材が活躍できる状態を維持しましょう。